MENU

アロマオイルの種類と効能

アロマオイルはその種類によって様々な効能があります。
アロマオイルを1日の流れに沿って、ぴったりな種類をご紹介します。
1日は朝からスタートします。
朝の気分が良ければ、その日1日ハッピーに過ごせます。
逆に朝から体調が悪かったり、疲れが取れない状態で出掛けてしまうと、思わず溜息が出てしまいますよね。
溜息をつくとしあわせが逃げてしまうと言います。
溜息なんてつかずに、アロマオイルで爽やかに1日を始めましょう。
朝にぴったりなアロマオイルはペパーミント、ローズマリーです。
ペパーミントは黄色い花の咲くシソ科の植物で、アロマテラピーの中でも最も重要なオイルの1つでもあります。
原産地はフランス、アメリカ、イギリスなどで、青りんごに似た優しい花の香りがします。
ぺバーミントはガムにもよく使われていますよね。
頭をスッキリさせて気分をリフレッシュしてくれます。
枕元に噴射器を用意しておき、横になっている状態でも構いませんから、目が覚めたらまだ眠くてもペパーミントの香りで身体にスイッチを入れましょう。
アロマオイルは精神、身体、美容に効きます。
ペパーミントは「爽快感と落ち着き」を心にもたらし、身体には健胃作用、消化促進作用、制吐作用、沈静作用、冷却作用、頭痛、筋肉痛、吐き気などの効果をもたらします。
また、美容面では殺菌、消毒作用、刺激作用、口臭に効果があります。

ペパーミントの健胃作用は強力で、ヨーロッパでは腹痛の患者にお医者さんがペパーミントティを勧める程です。
ペパーミントは常備しておきましょう。
健康のためにも朝食はいただきたいものですが、ダイニングにペパーミントのオイルを焚いておけば、まだ半分眠っている胃が心地よく目覚め、胃腸の働きを促進しておいしく朝ごはんが食べられます。
また、朝食を食べる時間がない、という多忙な方は、コーヒーではなく、ペパーミントティを飲みましょう。
口の中から身体がスッキリする筈です。
また、ローズマリーは気力アップにうってつけのハーブです。
朝はどうしても寝ぼけていて、出掛ける支度をするので精一杯、という方も多いと思われます。
ローズマリーは気力を高める効能がありますので、自宅から既にモチベーションを上げて出勤することができます。
頭の働きをシャープにし、お仕事やお勉強に必要な集中力を高め、判断力や決断力をしっかり持てるようになります。
やる気が出ないと、何に取り掛かるにしても面倒くさく、しんどい気持ちになってしまいますよね。
やる気次第で行動の量と質も変わります。
ローズマリーの原産国はモロッコ、フランス、スペインなどです。
こちらもシソ科の植物で、料理用のハーブとしてもよく使われます。
シャープな緑葉の香りが鼻から身体に行き渡ります。
集中力、決断力を高め、身体への効能は、月経を促し、調節する、血液の循環を促進する、冷え性、利尿効果、鎮痛作用、殺菌、消毒作用、関節痛、ねんざ、頭痛、消化不良、食欲不振、咳、鼻水、発熱、脳の活性化、です。
美容面では肌を引き締めて清潔に保つ効果があり、たるみ、ニキビ、てかりに効きます。

また、髪にも効果は抜群で、フケや抜け毛を防ぎ、輝きのある健康的な髪をつくってくれます。

関連ページ

なぜアロマオイルは高いの?
アロマというものをご存じですか?アロマは手軽に癒し効果を得るには最適なものです。日々の疲れを癒すリラックスタイムを作りませんか。ここでは、アロマの種類や基本的な知識を紹介しています。
今、人気のアロマオイルって?
アロマというものをご存じですか?アロマは手軽に癒し効果を得るには最適なものです。日々の疲れを癒すリラックスタイムを作りませんか。ここでは、アロマの種類や基本的な知識を紹介しています。
アロマオイルで眠気もうつもリフレッシュ
アロマというものをご存じですか?アロマは手軽に癒し効果を得るには最適なものです。日々の疲れを癒すリラックスタイムを作りませんか。ここでは、アロマの種類や基本的な知識を紹介しています。